ポスティングの特徴とは?|株式会社アドネット

ポスティングの特徴とは?

特徴

インターネット等の普及によりあらゆる情報が得やすくなった現在では新聞未購読世帯が以前より増えており、新聞の折込での宣伝方法では反響が出にくいのが現状です。


1枚1枚手配りで直接ポストに投函するポスティングの場合、誰かがポストから取り出して、必要な情報か不必要な情報かを判断するために目を通す確率が高く、普段、新聞の折込広告を見ない男性や若年層にもアピール可能です。


新聞折込の場合、似たような内容の同業他社のチラシと一緒に束ねられてしまい、存在感が薄れがちですが、ポスティングなら、同業他社のチラシと併せて投函される事が一切なく、差別化がはかれます。


商圏に合った地域を限定し、その中で配布エリアを町・丁単位で設定可能。例えば、「店舗を中心に半径約1km圏内の町・丁をピックアップし、その中で配布可能枚数を設定」あるいは「最寄駅を中心に2万枚配布する為に必要な町・丁を設定」などターゲットに合わせて、事業所以外の一般世帯への軒並みは配布、一戸建て住宅のみへの配布、マンションやアパートなどの集合住宅のみへの配布事業所のみへの配布、などの選別配布ができ、さらにワンルームのマンションやアパートを除いた配布や車庫付き一戸建て住宅に限定した配布、などのきめ細かい選別も可能。


チラシ以外の物でも、ポストに投函可能なサイズの物であれば、パンフレットやカタログ、フリーペーパー、チラシを封入した封筒、ティッシュ、試供品など様々な物を配布する事ができます。


上記の様な特徴を持つポスティングの活用例

住宅リフォームや不動産売買の場合賃貸物件(集合住宅、社宅、公団住宅、テナントビル等)は除いて配布。


ターゲットを一戸建て住宅だけに絞って無駄なく配布。


特定の宅配可能エリアを持つフードデリバリー業様の場合。

メニューチラシを、月間に一度、二度、或いはメニューのリニューアル時に定期的に配布する事で認知度を上げ新規のお客様を獲得。新メニューを配布して目新しさ、新鮮さを保ちリピーターを増やす。但し、偏った反響の集中を避けるために、一日に配布する枚数の上限を定め、週間・月間で店舗のキャパシティに合わせた配布計画を設け、コンスタントに配布。


住宅や車などの高額な商品の販売店様の場合。

または、保育所や、小さなお子様向けのお稽古事教室の場合。学生やフリーター等はターゲット外。ワンルームマンションやアパート、学生寮などを除外した選別配布で無駄なく配布。新規オープン・リニューアルオープンの予定日に合わせて、近隣の皆様にご挨拶を兼ねた業務内容・料金等の案内パンフレットを封書スタイルで配布

Page top