ポスティングとは・・・|株式会社アドネット

ポスティングとは・・・

簡単に言えば、チラシ等の宣伝広告物のポスト投函の事です。

チラシに限らず、様々な形状の広告物(カタログ・パンフレット・小冊子・試供品など)をターゲットとなる家庭や事業所のポストにダイレクトにお届けする宣伝方法です。

ポスティングの歴史は以外に古く、江戸時代にまでさかのぼります。
当時、チラシは引札(ひきふだ)と呼ばれていたそうで、呉服商越後屋(現在の三越)が「現金安売り掛け値なし」という謳い文句の引札を配布して、江戸一番の店にまでのぼりつめたといわれています。

ポスティングが他の広告媒体と比べ、費用対効果に優れ、反響率が高いといわれている理由の一つとしては直接ポストに投函する。ということがあげられます。
ポストの中を確認するという動作は、日常の生活の中で、習慣になっている事柄のひとつだと思います。

ポストの新聞、郵便物、チラシ、ダイレクトメール等の中から自分に必要なものをチョイスする。

不必要なものは処分する。その一連の動作の中で、要る要らないを判断するために一瞬でもチラシに目を通す。その一瞬の目視にチャンスを見いだし反響へ導くのがポスティングという宣伝方法です。

必要な情報を得るために新聞の折込チラシのすべてに目を通す事はあまり無いと思います。折込チラシの中には一度も目にも触れずに捨てられてしまう物もあるはずです。新聞未購読の世帯の方や若年層の方などは、新聞の折込チラシ自体に接触する事がまるで無いということも多いのではないでしょうか。

また、ターゲットを選んで宣伝できるのもポスティングならではの特徴です。
物件を選別しながらの配布作業は軒並み配布よりも作業効率が落ちるため料金は少しお高めになりますが、配布枚数に対する反響率は上がり、無駄な宣伝広告費を抑える事ができます。地域密着型の広告媒体でポスティングに勝る宣伝方法はありません。

ポスティング広告(チラシ配布)のメリットとは?

ポスティング(チラシ配布)は、新聞折込と比べて区域あたりのカバー率が配布部数、対象年齢ともにケタ違いですので反響がきわめて良好です。実際、新聞折込の場合は、その地域の2割の世帯にアピールできたらかなり上出来の方です。


また、折り込みチラシと違い一度は必ず手にとっていただけます。同業他社のチラシと同時に投函しませんので効率的かつ効果的です。各町・地域単位で細かくポスティングエリアを指定できますので、余分なチラシを撒かずにすみます。


各店舗・会社様の商圏にあったポスティングが可能です。マンションのみ・一戸建てのみといった物件ごとの選別投函も可能です。各企業様の戦略面で、重要と思われる地域を条件を変えて細かく重点的にポスティングする事が出来ます。


充分に管理されたポスティングスタッフが責任を持ってポスティングしますので、配布もれや二重配布がありません。


新聞折り込みでは不可能な、クーポン付きチラシ、厚みのあるチラシ、小冊子、サンプル品等もポスティングできます。


指定日のみのワンショット、ポスティングが可能です。
※ 新聞折込とは違い、早朝の一斉ポスティングは出来ませんのでご了承ください。

Page top